簡単♪外皮計算に使われるガラスの日射熱取得率は?日射取得と日射遮蔽の使い分けは?記載方法や探し方


外皮計算をする前に、各部位の仕様を決めて、窓も検討しなくてはいけません。

今は複層ガラスやLow-Eガラスなど様々あってよく分からなくなりますね。

今回は、外皮計算に使われる、「ガラスの日射熱取得率」について説明します。

日射熱取得率とは?ガラスの仕様と特性について

ガラスの日射熱取得率 η値(イータ値、日射侵入率ともいう)は、

ガラス窓に入射した日射熱が、室内側へ流入する割合を「日射熱取得率」と呼び、日射熱取得率が大きいものほど日射熱を室内に取り入れるので、暖房を重視する地域・部屋に適しています
逆に、日射熱取得率が小さいものほど日射熱を遮蔽するので、冷房を重視する地域・部屋に適しています。

日射熱取得率(日射侵入率)=(透過した日射量)+(吸収した室内に放出される熱量)/入射した日射量

なので熱貫流率のように、数値が小さければ性能が高い。だけでは判断できません。

modern empty office interior

日射取得型(断熱型)と「日射遮蔽型(遮熱型)

ガラスの仕様で、日射取得型(断熱型)と日射遮蔽型(遮熱型)があります。現在の工業技術ではガラスの性能が分かれているため、良い特性のみを併せ持つガラスは存在しません。

なのでその二つの特性をそれぞれ生かして設計すると、室内空間も効率的なエネルギー消費となり、快適度が増すと言われています。

日射取得型(断熱型) 日射熱を取り込み、外に逃がさないタイプ。冬の日差しを取り込めむ効果が期待できる
日射遮蔽型(遮熱型) 日射熱をさえぎり、室内が熱くならないタイプ。室内の熱を逃がさない、外からの日射などの熱を遮断して室内に持ち込まない。

例えば、リビングなどの南側の窓なら、夏の陽射しは避けつつ冬は少しでも取り込みたいですよね?この場合は、「日射取得型(断熱型)」にして冬の日射取得を優先します。ここで大切なのは、夏の日射取得量の低減ですが、これは、太陽の角度を利用して庇で上手にカットするなど、窓とは別の手法で検討することです。

強烈な陽射しで一気に温度を上げて室内を不快にする西側(または東側)の窓には、日射熱をカットする「日射遮蔽型(遮熱型)」を設置。また、西日の威力は強力なので、ブラインドなどの遮蔽もあると効果的です。ブラインドだけやLow-Eガラスだけの場合よりも、この合わせ技の相乗効果は効き目抜群です。

ガラス以外にもサッシの枠の仕様・材質によって効果が変わります。

今回は外皮計算にかかるガラスの日射熱取得率についてなので、また他のところで説明いたします。

日射熱取得率を知るには?

サッシの各メーカーによって色々決まっているので、

使用するガラスの日射熱取得率をメーカーからダウンロードすれば、外皮計算は簡単にできます。

その方法と、もう一つの方法はJISです。

JISに定められたガラスの名称を図面に明記して、外皮計算書にも同じJIS名称を記載して

定められた日射熱取得率を使って、外皮計算を行えば

メーカーの添付資料は必要なくなります。

外皮計算プログラム・省エネ計算代行♪面倒な【住宅性能評価】や【住宅性能証明】・【フラット35】のご相談について

各メーカー、ガラスの日射熱取得率は?

LIXIL(外皮:ガラスごとの日射熱取得率)

YKKAP(YKKAP製ガラスの仕様別日射熱取得率)

三協アルミ(開口部の仕様別熱貫流率及び日射熱取得率と三協アルミの適合製品一覧)

が主なメーカーから出ているガラスの日射熱取得率です。

JIS名称によるガラスの日射熱取得率の場合

JIS名称がわかれば、それを図面と計算書に記載することで添付資料を提出せずに済みます。

Low-E複層ガラスの場合は、「樹脂製建具 Low-E複層 日射遮蔽型 」といった記載を図面と計算書にすれば大丈夫です。

これと熱貫流率を含めた仕様を図面に記載すると、熱貫流率と日射熱取得率の資料は必要なくなります。

例:

樹脂製建具 Low-E複層 A10mm以上 日射遮蔽型 →熱貫流率2.33、日射熱取得率0.29というのがわかります

※Aはガスの封入無し、Gはアルゴンガス等封入になります。

複層ガラスの仕様で、「厚さ+中空層+厚さ」という記載方法もあります。

窓等の大部分がガラスで構成される開口部(1重構造の建具)の垂直日射熱取得率

木製建具又は樹脂製建具
ガラスの仕様 日射熱取得率(η値)
付属部材なし 和障子 外付けブラインド
三層複層 2枚以上のガラス表面にLow-E膜を使用したLow-E三層複層ガラス 日射遮蔽型 0.39 0.24 0.09
日射取得型 0.224 0.16 0.06
Low-E三層複層ガラス 日射遮蔽型 0.42 0.27 0.10
日射取得型 0.27 0.18 0.07
(二層)複層 Low-E複層ガラス 日射遮蔽型 0.46 0.27 0.11
日射取得型 0.29 0.19 0.08
遮熱複層ガラス 熱線反射ガラス1種 0.44 0.24 0.10
熱線反射ガラス2種 0.27 0.17 0.07
熱線反射ガラス3種 0.12 0.09 0.04
熱線吸収ガラス2種 0.37 0.20 0.09
複層ガラス 0.57 0.27 0.12
単板ガラス2枚を組み合わせたもの 0.57 0.27 0.12
単層 単板ガラス 熱線反射ガラス1種 0.49 0.25 0.12
熱線反射ガラス2種 0.35 0.22 0.09
熱線反射ガラス3種 0.17 0.14 0.06
熱線吸収ガラス2種 0.45 0.24 0.11
その他 0.63 0.27 0.14
木と金属の複合材料製建具又は樹脂と金属の複合材料製建具、金属製熱遮断構造建具又は金属製建具
ガラスの仕様 日射熱取得率(η値)
付属部材なし 和障子 外付けブラインド
三層複層 2枚以上のガラス表面にLow-E膜を使用したLow-E三層複層ガラス 日射遮蔽型 0.43 0.27 0.10
日射取得型 0.26 0.18 0.06
Low-E三層複層ガラス 日射遮蔽型 0.47 0.30 0.11
日射取得型 0.30 0.20 0.08
(二層)複層 Low-E複層ガラス 日射遮蔽型 0.51 0.30 0.12
日射取得型 0.32 0.21 0.09
遮熱複層ガラス 熱線反射ガラス1種 0.49 0.26 0.11
熱線反射ガラス2種 0.30 0.19 0.08
熱線反射ガラス3種 0.13 0.10 0.05
熱線吸収ガラス2種 0.42 0.22 0.10
複層ガラス 0.63 0.30 0.14
単板ガラス2枚を組み合わせたもの 0.63 0.30 0.14
単層 単板ガラス 熱線反射ガラス1種 0.54 0.28 0.13
熱線反射ガラス2種 0.39 0.24 0.10
熱線反射ガラス3種 0.18 0.16 0.06
熱線吸収ガラス2種 0.50 0.27 0.12
その他 0.70 0.30 0.12
枠の影響なし・ガラス部分のみ
ガラスの仕様 日射熱取得率(η値)
付属部材なし 和障子 外付けブラインド
三層複層 2枚以上のガラス表面にLow-E膜を使用したLow-E三層複層ガラス 日射遮蔽型 0.54 0.34 0.12
日射取得型 0.33 0.22 0.08
Low-E三層複層ガラス 日射遮蔽型 0.59 0.37 0.14
日射取得型 0.37 0.25 0.10
(二層)複層 Low-E複層ガラス 日射遮蔽型 0.64 0.38 0.15
日射取得型 0.40 0.26 0.11
遮熱複層ガラス 熱線反射ガラス1種 0.61 0.33 0.14
熱線反射ガラス2種 0.38 0.24 0.10
熱線反射ガラス3種 0.16 0.12 0.06
熱線吸収ガラス2種 0.52 0.28 0.12
複層ガラス 0.79 0.38 0.17
単板ガラス2枚を組み合わせたもの 0.79 0.38 0.17
単層 単板ガラス 熱線反射ガラス1種 0.68 0.35 0.16
熱線反射ガラス2種 0.49 0.30 0.13
熱線反射ガラス3種 0.23 0.20 0.08
熱線吸収ガラス2種 0.63 0.34 0.15
その他 0.88 0.38 0.19

外皮計算プログラム・省エネ計算代行♪面倒な【住宅性能評価】や【住宅性能証明】・【フラット35】のご相談について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加