分かると簡単♪【フラット適合基準】って何?仕様の要点を紹介します。


「フラット適合基準でやってください!」

とは言われたものの、聞いたことはたしかにある「フラット適合基準」って何?

やっぱりお金を借りるときに、金利が低くなる制度のようだと思ってはいたけど

決まり事とか細かそうだよな・・・。今まで知らぬ顔をしていたけど、もう逃げられない・・・。

というよりも「積極的」にフラット適合基準を知ることで今の時代の「一般的な住宅」についての標準機準がわかります。

ではどのようなものが「フラット適合基準」なのか、簡単に説明します。

外皮計算プログラム・省エネ計算代行♪面倒な【住宅性能評価】や【住宅性能証明】・【フラット35】のご相談について

まずはフラット35の仕組みを知る。

フラット35というのは、簡単に言うと最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。主に「ベース」と呼ばれる適合基準です。

フラット35Sという上のグレードがあって、「35S」を利用することで借入金利が一定期間引き下げられます。その分、決まりごとは多いです。

今回はフラット35についての建物の仕様を説明します。

詳しくは住宅金融支援機構が出版している「工事仕様書」と呼ばれるものがあるので、興味を持ったら手に入れてみてください。これで「フラット基準」がくまなく書かれています。

基準項目(木造在来工法)

フラット35の仕様について、基準項目があります。構造が耐火や準耐火などで基準項目は変わっていきます。

基準項目 仕様書の仕様項目 住宅の構造
木造(耐久性) 準耐火・耐火
基礎の高さ 3.3.2、3.3.3
床下換気 いずれかを選択 3.3.11
基礎断熱工法 3.4
床下防湿 3.3.15
土台の防腐・防蟻措置 4.3.1
土台以外の防腐・防蟻措置 4.3.2
床下地面の防蟻措置 4.4
浴室等の防水措置 4.5
住戸間の界壁(連続建てに限る) 5.11
断熱工法 施工部位 7.2
断熱性能 7.3
防湿材の施工 7.4.3
小屋裏換気(または屋根断熱) 8.9.1
点検口の設置(給排水設備) 13.1.1の3
換気設備の設置 16.4.1
省令準耐火構造 18
45分準耐火構造 17.1
1時間準耐火構造 17.1
耐火構造 19

が主な仕様の基準項目です。なんかいっぱいあって全て決まった通りにやるのは面倒だなぁ・・・

と最初は思ってしまいそうですが、覚えてしまえば簡単です。

次はさらっと各項目の説明を行います。(どのようなものにすればよいか、という内容です)

これができればOK♪各基準項目に当てはまった住宅の仕様

以下の通りにやればいいというわけではなく、あくまでも一例です。太字がおススメの仕様です。

接道 原則2m以上接道
規模 1戸当たりの面積が70㎡以上
基礎の高さ GLから基礎天端まで400mm以上
床下換気 床断熱の場合は4m以内ごとに基礎に換気口設置か、35㎠/m以上の基礎パッキンを全周に設置
基礎断熱工法 熱抵抗値0.6以上の断熱材を基礎の立ち上がりに施工(玄関はしなくて良い)
床下防湿 べた基礎または床下地盤に防湿フィルム
土台の防腐・防蟻措置 土台がひのきなどのD1樹種かK3相当の防腐・防蟻措置がしてあれば良い。それと外壁下端に水切り設置。
土台以外の防腐・防蟻措置 外壁に「通気層」があるかまたはGLから1m以内は防腐・防蟻処理(現場処理で可)
床下地面の防蟻措置 特定地域以外で、べた基礎かまたはコンクリ土間
浴室等の防水措置 ユニットバス、脱衣所は床:クッションフロア(CF)か構造用合板、壁:ビニールクロスか耐水ボード
断熱工法 屋根か天井、外壁か基礎の各部位に断熱材を施工
断熱材は各部位で地域により規定の最低厚さ、熱抵抗値が決まっている。仕様書の表を見ればわかる。高性能GW100mmで大体がOK(天井は200mm)
防湿材の施工 繊維系の断熱材の場合は室内側に防湿フィルム、または計算書の提出で可(ユニットバス床面に断熱材があるともっと良い)
小屋裏換気(または屋根断熱) 天井断熱の場合、所定の計算方法で小屋裏換気が必要。

屋根断熱は必要ない

点検口の設置(給排水設備) キッチンの給排水が点検できる床下点検口
換気設備の設置 キッチン・UB・トイレに換気の窓または換気扇設置
省令準耐火構造 仕様書所定の下地処理(PB12.5ボード2枚貼りが主)
準耐火構造・耐火構造 確認申請に使用している耐火・準耐火リストがあれば良い

といったようにな基準内容となっている。

外皮計算プログラム・省エネ計算代行♪面倒な【住宅性能評価】や【住宅性能証明】・【フラット35】のご相談について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加