外皮計算など

こんなにあるの?【外皮計算方法】利用目的ごとに使い分ける外皮計算方法とは?

設計や建築工事を行う上で、もう避けては通れなくなってきた「外皮計算」 業者に頼もうとしても、そんなに予算かけられないし・・・自分でできるか・・・ これからは木造戸建てであれば、少し時間をかけてみると意外とできます! では外...
未分類

安全側?不利側?外皮計算における考え方は?各部位や高さ、熱伝導率・熱貫流率について

外皮計算をしていると、各部位のパーツ数が多かったり、使用する建具の種類がバラバラすぎて、一つずつ面積出して熱貫流率を出して・・・あっ!勾配があるから・・・とか、えっ?軒高より断熱材が下にある時は何で断熱材の下端で寸法とるの? といった...
外皮計算など

小数点第何位で切り捨て?四捨五入?安全側不利側?外皮計算、性能評価や1次エネ、ZEH/BELSで決まりはあるのか?

外皮計算や1次エネ計算などに使われる数字って、なんであんなに小数点以下が多いのでしょう? 建築申請の時も面積計算していると、うっかり四捨五入なのか切り捨てなのか切り上げなのかと つい手が止まってしまいます。 今回は性能評価...
設計 計画

建物を設計する前にやること~まずはじめに敷地の概要調査について。

建物設計をする前には、設計条件の整理が必要です。 設計条件に、資金計画・規模・要望など、建築主に関係する条件と、計画する土地の条件があります。建築主とはじっくりと打ち合わせすることが大切ですが、計画地が決まれば調査を進めていきたいもの...
外皮計算など

断熱性能等級4を取得する「外皮面積を用いない外皮性能」を評価する方法

外皮計算・・・ 外皮面積を出して、各部位の熱貫流率や窓の面積・基礎の長さ、方位ごとの方位係数などなど 色々と根拠を作成して、計算に入るまでかなりの手間がかかります。 しかし、条件はありますが、方位と各部位の熱貫流率、各断熱...
外皮計算など

なるほど!繊維系断熱材ほかの断熱材は?防湿層は必要?商品名でどれが繊維系断熱材か、熱伝導率と防湿層も紹介

建築で使われている断熱材は「繊維系」と「天然素材系」、「発泡プラスチック系」に大きく分類されます。 「繊維系」には「無機系」と「木質繊維系」があります。 「無機系」のなかの代表グラスウールはガラスを溶かし、繊...
外皮計算など

木造標準型外皮計算の手順 これをやればあとは入力チェックシートで!

外皮計算の準備はできましたか?まだの方は↓から始めましょう。 外皮計算で等級4以上のUA値を目指す♪審査を通過するための事前準備と考え方【木造住宅の場合】 申請書類 設計内容説明書【自己評価書など含む) 図面等 ...
外皮計算など

簡単♪外皮計算に使われるガラスの日射熱取得率は?日射取得と日射遮蔽の使い分けは?記載方法や探し方

外皮計算をする前に、各部位の仕様を決めて、窓も検討しなくてはいけません。 今は複層ガラスやLow-Eガラスなど様々あってよく分からなくなりますね。 今回は、外皮計算に使われる、「ガラスの日射熱取得率」について説明します。 ...
フラット関係

分かると簡単♪【フラット適合基準】って何?仕様の要点を紹介します。

「フラット適合基準でやってください!」 とは言われたものの、聞いたことはたしかにある「フラット適合基準」って何? やっぱりお金を借りるときに、金利が低くなる制度のようだと思ってはいたけど 決まり事とか細かそうだよな・...
外皮計算など

外皮計算で等級4以上のUA値を目指す♪審査を通過するための事前準備と考え方【木造住宅の場合】

外皮計算は省エネ基準の中で必要とされる計算の一つです。 長期優良住宅制度や住宅性能評価、住宅性能証明・ZEH基準、BELS評価書、フラット35Sの省エネ取得など、どれも「住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号...
タイトルとURLをコピーしました